【書評】企業の倒産を20年取材したプロが教える「ヤバい社長」

2111

※この記事は「まぐまぐニュース!」様より記事を提供いただいています。
 記事原文はコチラ / 他の記事も読むにはコチラ

今回の「3分間書評」で取り上げるのは、倒産企業の取材暦20年のプロが、成功する企業と失敗する企業の特徴を分析し、解説した一冊。コンサルタントを目指す人には「教養本」に、会社経営者は「心積もり」の一冊になるのでは?『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』からご紹介いたします。

『御社の寿命 – あなたの将来は「目利き力」で決まる!』

こんにちは、土井英司です。

本を書く人の条件のひとつに、「観察者」というのがあります。

何かひとつのテーマを定め、たくさんのケースを観察してきた人の洞察は鋭く、読者はそこから多くを学べるからです。

人間は往々にして自分一人のケース(過去の体験)しか持っていませんが、これでは予期せぬ未来に対処することはできない。

だからわれわれは、他者の成功・失敗から多くを学ぶのでしょう。

本日ご紹介する一冊は、企業の倒産取材を20年以上続けてきたという帝国データバンク情報統括部長の藤森徹さんと、読売新聞調査研究本部主任研究員の中村宏之さんが、成功企業と失敗企業、双方の特徴を読み解いた、興味深い論考。

過去の日本の倒産ケースを具体的に挙げながら、その時何が起こったのか、社長はどう行動したのか、なぜ周囲(銀行員など)は倒産に気づけなかったのか、興味深い事実が述べられています。

帝国データバンクの方が書いた本には、『百年続く企業の条件』はじめ、興味深い内容のものがいくつかありますが、本書はどちらかと言うと社長、コンサルタント、銀行員向けの内容。

豊富なデータから導かれた倒産原因、ヤバい会社・社長の条件、倒産の教訓、そしてできれば関わりたくないけれど、倒産の基礎知識…。

破産、特別清算、民事再生法申請の違いなど、知りたかったことが詳しく書かれているので、コンサルタントやジャーナリストは、教養として読んでおくといいでしょう。

「怪しい会社は名前が変わる」
「将来の話ばかりする社長は危ない」
「危ない会社の経理部長」

興味深いトピックが満載の内容。さっそくチェックしてみましょう。

→ 次ページ「危ない会社の兆候とは?」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2221

    2015-9-1

    神概念について ―ある越権行為のまえがき―

     神という概念は、宗教において最も重要なキーワードの一つです。神という概念を持たない宗教にお…

おすすめ記事

  1. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  2. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  3. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  4. 1560
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  5. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る