屈辱のAIIB。米国は、中国が覇権国家になるのを止められないのか?

※この記事は「まぐまぐニュース!」様より記事を提供いただいています。
 記事原文はコチラ / 他の記事も読むにはコチラ

かつては新保守主義の代表的人物として知られた、政治学者のフランシス・フクヤマ氏も、「アメリカは中国に敗れた」とついに認めた? 人気の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、「中央公論」6月号に掲載されたフクヤマ氏のインタビューを取りあげ、この記事が意味するところを語っています。

フランシス・フクヤマ「アメリカは、中国に【敗北】した」

「日本3大リアリスト」のK氏から、大変興味深い話を聞きました。

歴史の終わり」の著者フランシス・フクヤマさんが、「中央公論」6月号で、「最近の世界情勢について語っている」と。

「歴史の終わり」

「世の中にはいろいろな政治体制があったが、競争しているうちに淘汰され、最後に『リベラル民主主義』だけが残る。『リベラル民主主義』こそが、『歴史の終わり』である!!!」

論文を出した時期が、すばらしかった。

「ベルリンの壁」が崩壊し、「東欧民主革命」のプロセスが進行している「まさにその時」に発表された。

その後、「リベラル民主主義最大のライバル」だったソ連が崩壊した。それで、「フクヤマの予言どおりに世界は動いていく」と、世界中の人が考えた。私も、学生時代、熱心に読みました。

いまとなって考えれば、フクヤマさんの思った方向には進んでいかなかった。

ソ連は、政治=「共産党一党独裁」、経済=「国が全部やる計画経済」で崩壊した。しかし、中国は、ソ連の失敗から学び、政治=「共産党一党独裁」を維持しつつ、経済=「資本主義」にして、大成功(?)。

一見すると、「リベラル民主主義の総本山」アメリカより、「一党独裁」中国の方が、パワーを増しているように思える。

こういう、フクヤマさんにとって「不都合な現実」を、彼自身はどう認識しているのでしょうか?

ここからは、「中央公論」6月号の内容です。私(北野)の考えとは違う部分もありますので、ご注意ください。

残念ながらウェブ版はないようです。全文を読みたい方は、「中央公論」6月号をご一読ください。記事は、「習近平、プーチン演ずる「新・世界秩序」の舞台裏」です。

→ 次ページ「中国とロシアはなぜ接近する?」を読む

ページ:

1

2 3 4

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 酒鬼薔薇世代

    2014-6-20

    【激論!酒鬼薔薇世代】私たちはキレる世代だったのか。

    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…

おすすめ記事

  1.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  2.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  4.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  5. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る