NHK時論公論での関口博之解説委員の初歩的なミス

1936

※この記事は「チャンネルAJER」様より記事を提供いただいています。
 他の記事も読むにはコチラ

2015年6月5日のNHK時論公論での関口博之解説委員の解説は間違いだらけだった。内容は次のサイトで閲覧可能である。
時論公論 「『財政健全化計画』 今月末策定へ」

歳出削減・増税を行えば、景気は更に悪化し、GDPの拡大もない

最初に基礎的財政収支の説明があったが、ここから間違いが始まった。彼の説明によると基礎的財政収支が黒字化すれば借金が雪だるま式に増えていくことはないのだそうだ。しかし、これは明かに間違いであり、基礎的財政収支が黒字化しても、国債費、つまり国債の利払い等もあるのだから借金が雪だるま式に増えていくことはある。こんな初歩的なミスをNHKの解説員は行うとは驚かされる。NHKは直ちに訂正を行うべきだ。

関口解説委員によれば、政府の経済見通しはいつも甘すぎるという批判があるとのことだ。これは私が何回も行っている批判であり、「名目GDPいつも甘い見通し?」というタイトルで、名目GDPのグラフと内閣府の見通しを比較したグラフが示された。このグラフも私が何回も示しているグラフだ。

確かに政府の甘い見通しを批判するのは正しいのだが、関口氏の解説の文脈をみると、「だからもっと歳出削減・増税を行わないと財政健全化はできない」と主張しているようである。これは全くの間違いだ。なぜなら、歳出削減・増税を行えば、景気は更に悪化し、デフレ脱却は遅れ、税収は伸びず、GDPの拡大もないので、政府の借金のGDP比は増加を続ける。これは財政悪化だ。

そもそも、基礎的財政収支の推移をみると改善したのはバブル景気の頃と、戦後最長の景気回復と言われ2007年10月まで続いた景気回復期の頃だけだ。後者は海外の景気回復に助けられたものだが、これはデフレ脱却の絶好のチャンスだったのにも拘わらず緊縮財政を続けたために、デフレを長引かせてしまった。結論から言えば、景気がよくなれば基礎的財政収支は改善し、景気が悪くなれば悪化する。目先の基礎的財政収支改善のために緊縮財政を続けているといつまでも景気は改善せず、基礎的財政収支も改善しない。

経済落ち込みの原因は厳しい緊縮財政

政府の経済見通しは甘すぎるのは間違いない。甘いのはGDPだけでない。基礎的財政収支の見通しも同様に甘いのだから、その見通しを信用してはならない。リーマンショックの前は、政府は2011年度に基礎的財政収支の黒字化を目標にしていたし、内閣府もそれにそった見通しを出していた。

2006年発表の予測では2011年度にはピッタリ収支がゼロになると予測し、当時の小泉首相が2006年度までに基礎的財政収支を黒字化すると宣言し、痛みに耐えよと言いながら「最大限の財政削減」を行い始めた。それがデフレ脱却の絶好のチャンスを失わせ、世界トップレベルにあった一人当たりの名目GDPの国際順位を18位にまで落ち込ませるきっかけになった。

しかも、目標達成には無残に失敗し、2011年の基礎的財政収支は何とGDP比で-6.9%という最悪の結果になってしまった。確かにリーマンショックがあり、予測がはずれたという逃げ口上はあるだろう。しかし、サブプライムローン問題では日本の銀行の関与は少なかったにも拘わらず、国際的にも最悪の経済落ち込みになったのも、厳しい緊縮財政を続けていたのが原因である。

残念ながら、過去の反省を行わず、再び同じ間違いを犯そうとしている。報道によれば、政府が月内に取りまとめる2015年度の経済財政運営の基本指針「骨太の方針」において基礎的財政収支(PB)の赤字を18年度に対国内総生産(GDP)比で1%程度に縮小することを盛り込むとのこと。日本経済はこれでよいのかを、我々は真剣に考える時期に来ているのではないか。

小野盛司

ajer_banner

西部邁

チャンネルAJER

チャンネルAJERAJERcast/channelAJER

投稿者プロフィール

AJERcastは、channelAJERが運営する、政治経済専門Web放送サイト(AJERcast)です。
AJERcastでは、政治経済専門の情報番組を放送しています。

■当チャンネルの理念と目的■
◎目的
 デフレからの脱却と更なる日本経済の発展を目指す。
 東日本大震災からの復興財源確保の道筋を示し、
 国の政策に反映させるべく務める。

◎理念
 日本経済の成長発展を願い、国に対しマクロ経済学の視点から、
 財政金融政策への提言を積極的に行う。
 ①日本の国体を守るとの視点で提言を行う。
 ②公の機関や企業組織に対し、独立不羈の立場で提言する。
 ③日本の発展を毀損すると思われる発言に対し、
   積極的に議論を挑み、我々の旗幟を鮮明に示す。
 ④『日本のもの造り』を支援し、雇用の拡大と安定に努める。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 3096

    2016-3-14

    やくざ国家・中共に日本はどう対峙すべきか(その1)

     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…

おすすめ記事

  1. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  2. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  3. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  4. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  5. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る