見た目よりも機能美? ジョブズが愛した「美しいデザイン」の深い意味

デザインとは「どう見えるか」ではなく、「どう機能するか」の問題である。……とジョブズは言ってるけど、「美しさ」をないがしろにしているわけではない、「美しさ」ってデザインにとって大切だよ。

と……デザインにとって「見た目」や「美しさ」が大切なのはよくわかった! じゃあその「美しさの基準」はどこにあるのか? 基準っていうと「ものさし」みたいで少しわかりにくいとすれば、私達デザイナーが求めるべき「美しさ」は、「何を満たしていれば良いのか?」「何を実現していれば美しいと言えるのか?」「良いデザイン・そうでないデザインを分かつもの」は何か?

もちろん「美しいデザイン(良いデザイン)」は、容易に数値化出来るものではありません。

しかし、「世のデザインに求められる美しさ」の基準は、ある程度は社会全体で共有できるはずですし、抽象的な言葉になってしまうかもしれませんが、何かの言葉に置き換えることも可能なはずです。(つまりは定義化できるはずです)

一言で言えばそのデザインが美しいかどうか? 良いデザインであるか否か?の基準。私達デザイナーが「美しいデザイン」「良いデザイン」を作るにあたり「これさえ満たしていれば大丈夫」と目標にすべきものを言葉として選んでみれば、、、

そのデザインがターゲットユーザーの幸せに繋がっているのか?否か?

ただシンプルに「これ」につきるのではないでしょうか。

そしてこの「定義」は「美しさ」だけでなく、「機能性」「使いやすさ」を含みます。

シンプルでわかりやすいUIの実現。トリセツなしで子供から大人までいきなり使える程の使いやすさ。

こういう機能性がユーザーを幸せにしないわけはありません。

そしてもちろん「デザインの美しさ」だって、ユーザーを幸せにしないはずありませんよね。その製品(デザイン)を目にする度にユーザーが、「いいデザインだな、使いやすいな」とニンマリと(幸せに)させてくれる。

個人的にはここの部分、「ユーザーの幸せ度数」で言えば、凄いポイント高いと思います!

だってそういう「プラスアルファ」がなければ、人生は随分とつまらないですし、そういう「プラスアルファ」に全く価値がなければ、例えば「ポロシャツ」のモデルは世界に一つのモデルでも良くなってしまいますよね。

ユーザーターゲット毎に、ニンマリするポロシャツが違うからこそ、ファッション(デザイン)というものの存在価値はあります。

→ 次ページ「デザイナーが表現すべき美しさとは?」を読む

固定ページ:
1 2 3

4

5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-2-24

    思想遊戯(1)- 桜の章(Ⅰ) 桜の森の満開の下

    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  2.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  3. はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  4.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  5. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る