幸せはどこから?アドラー心理学が教える幸せを得る3つのヒント

みんな、前に向かって進んでいける。

くわえてあなた自身が、劣等感があるからこそ、前に向かって進み続けられていくのと同じで、他人だって、劣等感ゆえに、やはり前に向かって進歩していくのです。
みんな、きちんと、いい方向に変わって行く。進んでいく…。
そう思ってあげることが何より大切です。それは結果的に、自分自身を受け入れることとまったく一緒なのです。
他人を、いい意味で信頼してあげること。
それこそが「他者信頼」なのです。

他人に貢献していくこと。

そして次が「他者貢献」。
結局のところ、人間は、社会の中で生きています。そして人間の最大の悩みは、人間関係にあると言いました。すなわち人間にとって最大の不幸は、
「自分はみんなに必要とされていないのでは?」
「自分がいなくても、社会は関係なく回っていくのでは?」
というような、強い「孤独感」です。それがさびしさになり、つらさにつながっていきます。これは多くの方が、納得できるのではないでしょうか。
すなわち、人間にとっての幸せとは、その「真逆」です。それこそが「みんなに必要とされること」なのです。

お金のためではなく、働く理由。

たとえば、それこそ
「私もアイドルになりたい」
「有名な人になりたい」
「大成功者になりたい」
「大企業の経営者になりたい」
と思う人は多いはずです。この目的は「お金」でしょうか? おそらく違うはず。その成功者と同じだけのお金をただもらうのと、その成功者そのものになること…。どちらかを選べと言われたら、大半の人が後者を選ぶはずです。
お金というのは、副次的なものに過ぎません。重要なのは、みんなに望まれる存在になること。多くの人に賞賛されたり、喜ばれる存在になることによって、何より本人が幸せになれるのです。
これこそが「他者貢献(社会貢献)」です。
精神医学者であるフランクルは、「他人のために尽くすことこそが、本人にとっての幸せにつながる」と言いました。フランクル自身、このアドラーから影響されているとされています。すなわちどちらも共通する部分があり、結局のところ、
「人間にとって一番の幸せは、人の役に立つこと」なのです。
これは決して、偽善だったり、いい子ぶってるわけではありません。
みんなが
「あなたがいてくれて本当に良かった!」
「あなたと一緒にいられて嬉しい!」
などと伝えてくれることは、誰にとっても幸せに感じられるのではないでしょうか。結局、誰かの役に立つことは、自分自身の最大の「存在意義」であり、幸福につながるわけです。

なぜ大企業は成長を続けるのか。

世の中には、たくさんの大成功した企業があります。我々にとって身近で分かりやすいところでは、ユニクロ、スターバックスなどの巨大チェーンがありますね。この社長、どうしてこんなに拡大を続けるのでしょうか。
たとえばですが、我々の感覚では、年収が1億円であっても、2億円であっても、それこそ10億円であっても、そんなに大差はない…と感じるはずです。
普通にゼイタクをして、不自由なく暮らしていくのなら、年収が数千万円あれば十分のはず。それ以上にチェーンが増えて、年収が倍々…になっていったとしても「だから何?」と思うのではないでしょうか。そう思うと、「なぜそこまでチェーンを大きくするの?」という疑問が湧いてくるはずです。
しかし答えはシンプル。
「他者貢献(社会貢献)こそが幸せ」に感じるからです。
チェーンを拡大することで、今までその店舗がなかったところに、新たな店舗ができる…。それは結果的に、そのサービスを受けて、喜ぶ人が増えることにつながります。
それは社長や、そのグループの人たちにとって「貢献」であり「幸せ」なのです。そのため、大企業は、どれだけお金が儲かっても、関係なく、さらに拡大を続けていくわけです。働き続けていくわけです。
とにかく大切なこととして「お金のためではない」ということを覚えておくといいかもしれません。

→ 次ページ「「ほめる」よりも「ありがとう」を伝える意義」を読む

固定ページ:
1

2

3

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-2-24

    思想遊戯(1)- 桜の章(Ⅰ) 桜の森の満開の下

    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  2. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  4.  アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  5.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る