投稿者プロフィール

勝谷 誠彦

勝谷 誠彦コラムニスト

かつや まさひこ
1960年、兵庫県生まれ。『週刊文春』などの記者をへて独立。有料メール「勝谷誠彦の××な日々。」(http://katsuyamasahiko.jp/)毎日配信! サンテレビ「カツヤマサヒコSHOW」(土曜日午後11時30分)放映中! 著書に『あっぱれ! 懲りない朝日新聞(笑)』(ワック)、話題の番組を書籍化した『カツヤマサヒコSHOW Season1』『Season2』(西日本新聞社)、『獺祭』(同)、倉山満氏との共著『がんばれ! 瀕死の朝日新聞』(アスペクト)など多数。

勝谷 誠彦一覧

  • 1275_re

    いつのまに オノレが被害者 朝日新聞(笑)

    ※この記事は月刊WiLL 2014年12月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 朝日、反転攻勢に出る  朝日新聞は十月七日、〈慰安婦報道、元記者の家族も攻撃 ネットに子の写真や実名〉と題する記事を掲載、…
  1. 3152

    2016-4-14

    なぜ保育園を増やしても子供の数は増えないのか ~少子化問題の本当の原因~

    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…

おすすめ記事

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  3. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
WordPressテーマ「Gorgeous (tcd013)」

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る