まぐまぐ!特別対談 ケント・ギルバート×東條英利「日本人の在り方」

2803

※この記事は「まぐまぐニュース!」様より記事を提供いただいています。
 記事原文はコチラ / 他の記事も読むにはコチラ

弁護士・人気タレントとしてマルチに活躍するいっぽうで、近年では慰安婦問題など、日本を取り巻く諸問題に関する発言も多いケント・ギルバートさん。そして、A級戦犯として裁かれた東條英機の曾孫で、現在では日本文化や歴史の伝道を通じ、日本人の教養力向上を目指す活動を展開している東條英利さん。グローバル化が進む国際社会において、日本という国、そして日本人の立ち位置とはどうあるべきかを、メルマガなどのメディアを通じて精力的に発信する二人の論客によるクロストークが、ついに実現! 本来は有料メルマガ会員しか読めない本対談ですが、今回は特別にそのダイジェスト版をお届けいたします。お二人が対談に臨んだ場所は、靖国神社内にある日本庭園の片隅に佇む茶室「靖泉亭」。誇りある日本の未来を創るための提言とは……?

遊就館を外国人向けの観光コースに入れるべし

東條:靖国神社ってどうなんですか? アメリカの方には、よく知られているんですか。

ケント:いいえ、誰も知らない。私も靖国神社の中に入ったのって、ついこの前が初めてだったもの。前の道はよく通るけど、中に入ったことがなかったんです。入るきっかけがなくて。

東條:そのきっかけってなんだったんですか?

ケント:えっと、きっかけは……あれだ。とある講演会が靖国会館で行われるってことで。それで「じゃあ、ついでに遊就館を見てみよう」と。

東條:へぇ、そうだったんですか。

ケント:外国人の友達で、遊就館に行ったことある人って、ほとんどいないと思います。みんなね、浅草寺は必ず行くんです。そして、少しを足伸ばして鎌倉もしくは日光。これは行きますね。で、東京タワー……今はスカイツリーかな。あとは渋谷の交差点だったり、銀座でショッピング。これが、ふつうの観光コース。だけどね、それを見て日本の歴史の何かわかるかって言ったら、何もわからない。

東條:
確かにそうですね。

ケント:私も先入観があって、靖国はなんか政治家が参拝するとすごく叩かれるから、入らないほうがいいかなって。遊就館も、右翼的な宣伝ばっかりかなって思っていたんです。でも実際に来てみたら、展示は極めて中立的な表現をしていて、歴史上の人物の出来事を淡々と伝えているだけでした。右翼も左翼もない。これが驚きで。

東條:なるほど。

ケント:で、私の友達の外国人……日本人の奥さんがいて、長年日本に住んでるんだけど。その人も、この前はじめて遊就館に行ったんですよ。私が教えたわけじゃなく、たまたまなんだけど。で、こないだ会ったら「いやー、いいところ見つけたぞ」って。「遊就館すごいよ。たぶん右翼的な場所なんだろうと思ったら、そんなんじゃないんだよ! 英語完璧だし!」って。……私はね、遊就館を絶対に外国人の観光コースに入れたほうがいいと思う。

東條:広島の平和記念公園とかは、外国人相当行きますけどね。

ケント:そこまで足をのばさなくたって、コレが都心にあるんですから。

→ 次ページ「ジョン・レノンの『イマジン』は神道ソングだった!」を読む

ページ:

1

2 3

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2918

    2016-1-7

    世界一「同質的」な日本の大学生たち ~なぜ大学から多様性が消えたのか~

    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…

おすすめ記事

  1. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  2. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  3. 1388_re
    ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  4. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  5. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る