思想遊戯(7)- パンドラ考(Ⅱ) 佳山智樹の視点(高校)

第三項

 自習時間で課題を片付けたあと、伸びをしていると、隣の席の橘さんが声をかけてきた。
橘「佳山くん、課題終わったの?」
智樹「うん、ちょうど今ね。」
橘「私、四問目だけ分からないの。そこ、できているかな?」
智樹「うん。そこはね…。」
 橘さんの課題をかたづけて、それから何となく会話モードに突入してしまった。
橘「佳山くんは、進路どうするの?」
 またこの話題かと思ったけど、この時期にもなると、やはり皆気になるのだろう。
 前に屋上で水沢さんと話した後、なんか僕は気まずくなってしまった。だから、何か緊張していたのだけれども、次に水沢さんと会ったとき、そのときは橘さんも一緒だったのだけれど、水沢さんはいつも通りだった。僕だけ、変な緊張をしてしまった。やっぱり、そういったところは、女子の方が肝が据わっているのだと思う。
 進路の話は、やっぱりプライベートな面もあるので、当たり障りのないような感じで流すことにした。
智樹「一応、決まってるよ。進路相談室で資料とか見てきたりしてるし。」
橘「本当? それはすごいね。どこを目指しているの?」
智樹「内諸。」
橘「ええ~? いいじゃない。教えてよ。」
智樹「まだ絞っている段階なんで。橘さんは、目途はついているの?」
橘「私? 私は、まだぜんぜんだよ。進路相談室もまだ行ってないしね。でも、佳山くんはすごいね。部活だって、毎日頑張っているでしょ? それで、進路もきちんと考えて。私も見習わなくちゃ…。」
智樹「そんなことないよ。皆、自分のペースってあるしね。早く決めたから偉いってわけでもないしね。」
橘「早く決めた人は偉いと思うけどなぁ…。でもさ、佳山くんって、そういうところがモテそうだよね。」
 僕は、思わず周りを見回した。多分、大丈夫だと思うけれど、一応小声にして返す。
智樹「モテないって…。それを言うなら、橘さんの方がはるかにモテるでしょう…。」
橘「だから私、告白は断ったって…。」
智樹「だから、それがモテてるってことでしょ?」
橘「そうだけど…。でも、それなら、祈だって、告白されたりするし。」
智樹「祈って、水沢さんのこと?」
橘「そう。祈だって、告白されて、断ったりしてるんだよ。」
 僕は頭が混乱してきた。橘さんは何を言っているのだろう?
智樹「そうなの? 何で断ったのかな?」
橘「そうだよね。そう思うよね。バレー部のキャプテンだよ。断る必要なんてないのに…。」
 バレー部のキャプテンって、中条か…。確かに、レベル高いなぁ…。体育のとき、一緒のチームになって、僕がミスしまくったときにフォローしてくれたしなぁ…。
智樹「なんで断ったの?」
橘「それが分からないのよ。好きな人なんていないのに、好きな人がいるって断ったんだって。」
智樹「う~ん、まあ、それは、断るときの常套手段だしね…。」
橘「でも、断ることないと思わない? ちょっと付き合ってみて、合うかどうか試してみてもいいでしょう?」
 僕はさらに混乱してきた。
智樹「じゃあ、橘さんも告白断らずに、試しに付き合ってみればよかったじゃん。」
 僕がそう言うと、橘さんは怒ってしまった。
橘「なんでそんなこというのよ?」
智樹「いや、だって…。えっ?」
橘「それじゃあ、佳山くんはどうなのよ? 告白されたら、付き合うの?」
 なんでそうなるのだろう?
智樹「いや、付き合わないと思うけど…。」
橘「何でよ? 試しに付き合ってみてもいいんじゃない?」
 橘さんの理屈は訳が分からない。
智樹「いや、だって、僕、好きな女子(こ)だっているし。」
橘「えっ…。」
 橘さんは、驚いたようだ。失礼だなぁ…。僕だって誰かを好きになったりするのに。
智樹「だから、告白されても断りますよ。」
橘「だ、誰?」
智樹「言わないよ。橘さんの知らない人だよ。」
橘「同じ学年?」
智樹「違うよ。言いません。」
橘「同じ部活の女子(こ)?」
智樹「……言いません。」
橘「……そっか…。」
智樹「そうです。もういいでしょ? この話題は。」

→ 次ページを読む

固定ページ:
1 2

3

4 5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-2

    メディアとわれわれの主体性

    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…

おすすめ記事

  1. はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  2. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  4. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  5. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る