思想遊戯(5)- 桜の章(Ⅴ) 散る桜

05

「思想遊戯」特集ページ

第五節 散る桜

 

散る桜 残る桜も 散る桜

良寛の句より

第一項

 桜の満開が過ぎ、桜の花びらが舞い散る。
 僕は、図書館で本を読んでいた。ニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』という哲学書だ。日本語訳はたくさんあるみたいだけど、僕が今読んでいるのは手に入りやすい岩波文庫のものだ。
 高校時代の倫理の授業で、僕は世界の思想家が考えて来たことを知った。もちろん、漠然とだけれども。倫理の授業は、僕にとってはとても面白かった。大学に入ったら、ちゃんと自分で調べてみたいと思っていた。そんなわけで、気になった哲学者の本を読んでみたりしているわけだ。
 『ツァラトゥストラはこう言った』の上巻を読んで、今は下巻に突入している。正直言って、ツァラトゥストラが何か変なことを喚いていることは分かったけれど、ツァラトゥストラが何を主張しているのかは分からなかった。ニーチェは、何を言いたくてこの本を書いたのだろうか?
 この本は四部構成で、第三部まではよく分からなかったのだけど、なんとか頑張って読み進めた。だけど第四部に入ると、とたんに読みやすく面白くなってきた。特に、[最も醜い人間]という箇所に、僕は引き込まれた。
 最も醜い人間は、登場人物として物語に出て来る。彼は、ツァラトゥストラへ謎を投げ掛ける。

 ツァラトゥストラ!
 ツァラトゥストラ!
 わたしの謎を解いてみよ!
 言うがよい、言うがよい!
 目撃者への復讐とは、何だろう?

 最も醜い人間は、ツァラトゥストラに対し、自分が何者かと問い詰める。
 ツァラトゥストラは、同情に襲われて倒れる。しかし、ツァラトゥストラは立ち上がり、そいつの正体が読めたことを告げる。ツァラトゥストラは・・・。
一葉「あれ、智樹くん。」
 一葉さんが、僕を見つけて声を掛けてきた。彼女は白いワンピースを着ていて、それは彼女にとても良く似合っていた。
智樹「あっ、こんにちは。」
一葉「何を読んでいるの?」
 僕は、読んでいた文庫本の表紙を彼女に見せる。
一葉「ニーチェ・・・。ツァラトゥストラ・・・は・・・こう言った・・・。」
 彼女は、本を見詰める。
智樹「一葉さん?」
 彼女は、いつもよりも低い声で述べた。
一葉「ニヒリズム。」
 ニヒリズム? 彼女はニヒリズムと言った。倫理の時間に、習った記憶がある。確か、19世紀末のヨーロッパにおいて、人間が卑小化し、生の意義を失った状況のことだったと思う。日本語でいうと虚無主義だったかな。
智樹「虚無主義ですね。」
一葉「虚無主義・・・。ニヒリズム・・・。」
 彼女は、どこか虚ろな感じで言葉を並べる。
智樹「一葉さん? どうしましたか?」
 彼女は、少し考え込んでいる様子を見せる。
一葉「智樹くん。読書中みたいですが、桜も綺麗ですし、良かったら少しお散歩しませんか?」
 彼女は静かに僕に微笑む。僕はうなずく。
智樹「よろこんで。」

→ 次ページを読む

ページ:

1

2 3 4 5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 01

    2016-2-24

    思想遊戯(1)- 桜の章(Ⅰ) 桜の森の満開の下

    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…

おすすめ記事

  1. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  2. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  3. 2903
     お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  4. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  5. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る