南シナ海の米中緊迫、新聞各紙は「大国の思惑」をどう伝えたか?

2609

※この記事は「まぐまぐニュース!」様より記事を提供いただいています。
 記事原文はコチラ / 他の記事も読むにはコチラ

南シナ海で中国に対しついに実力行使に出たアメリカですが、この米中の対立を新聞各紙はどう伝えたのでしょう。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』の解説によると、読売の記事の水準が圧倒的に高いとのこと。その理由は?

米中の南シナ海での対立をどう伝えたか

◆1面トップの見出しは……。

《朝日》…「米艦 12カイリ内へ派遣継続」「南シナ海 人工島付近を航行」
《読売》…「米、中国の領有権認めず」「南シナ海 緊迫化の恐れ」
《毎日》…「中国「米艦を追跡・警告」」「米、今後も継続方針」
《東京》…「軽減税率 財源確保で隔たり」「与党協議が再開」

◆解説面のテーマは……。

《朝日》…南シナ海米中対立
《読売》…南シナ海米中対立
《毎日》…南シナ海米中対立
《東京》…南シナ海米中対立

軍事的緊張は新聞の大好物のようです。それはそうです。今回は、安保法成立を受けて日本が巻き込まれる可能性が大ですね。各紙、《東京》を除けば、1面トップも解説面も、この問題で持ちきり。《東京》も解説面はこのテーマになりました。扱い方には違いが見えています。

◆今日のテーマは……。

というわけで、今日は「米中の南シナ海での対立」をテーマとします。まずは「基本的な報道内容」を整理しておきましょう。

基本的な報道内容

日本時間の27日午前、米海軍横須賀基地所属のイージス駆逐艦ラッセンが、中国が南シナ海の南沙諸島(スプラトリー)で領有権を主張する人工島から12カイリ内に入り、航行の自由を行動で示す作戦を行った。カーター国防長官は、米上院軍事委員会の公聴会で作戦を認め、「今後数週間、数ヶ月の間にも実施する」として、南シナ海で同様の作戦を継続する考えを明らかにした。

中国外務省は「強烈な不満」を表明、「米艦船を追跡した」と発表、国防省も談話の中で海軍のミサイル駆逐艦「蘭州」と巡視艦「台州」が米艦船に警告したことを明らかにした。

中国外務省の次官は駐中米大使を呼び、「厳重な申し入れと強烈な抗議」を伝えた。米側が今後も艦船を派遣し続ければ、人工島建設をさらに加速、強化するなど、対抗措置をとるとしている。

ラッセンは寄港していたマレーシアから南沙諸島に向かい、中国が人工島を建設しているスビ礁の12カイリ内を北から南西に抜け、フィリピンとベトナムが領有権を主張する岩礁の12カイリ内も航行した。ミスチーフ礁には入らなかった模様。

→ 次ページ「アメリカの「次のメッセージ」を論じていない朝日」を読む

ページ:

1

2 3 4 5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1773

    2015-4-24

    近代を超克する(1)「近代の超克」の問題意識を受け継ぐ

     思想というものを考えていく上で、現代においては西欧からの影響を無視することはほとんど不可能…

おすすめ記事

  1. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  2. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  3. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  4. 1560
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  5. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る