【理性の操縦方法】アドラー心理学で、ダイエットもやる気を出すのも思いのままに!


大切なのは、使うこと。

実際、アドラー心理学は、『使用の心理学』とも言われています。

「所有」ではなく「使用」。

何を持っているかではなく、何をどう使うか、ということが重要だというわけです。

これをアドラーは、家にたとえています。
たとえば同じ材料があったとしても、明るく豪華な大邸宅を建てることもできますし、または汚いアバラ家を造ることもできます。

それは造る大工によって変わってきます。

人の行動も、それと同じ『使い方次第』なのです。

怒る人たちへの対策。

よって、あなたの目の前に「怒る人」や「泣く人」がいたのなら。

「やったことは、本当にごめんなさい。ただ大声は出さないで」
「それはすまなかったと思ってる。今度お詫びに▲▲するよ。でも泣くのはやめてほしい」

というように、ハッキリ言葉で注意することです。

あなたが何かを『してしまった』のは事実かもしれません。

でもだからといって、相手の『怒り』や『涙』など、すべてを際限なく受け入れる義務はないのです。

自分自身が怒りそうなときは。

また、あなたが怒ったり泣いたりする本人であれば、

「これは『怒りたい』と思ってるんだな」
「理由のせいじゃなくて、本当は泣きたくて泣いてるんだ…」

と考えてみること。それだけで、一段冷静になれます。

怒りや涙で、相手に言うことを聞かせるのは、暴力で言うことを聞かせたり、泣き叫ぶ子供と、まったく変わりありません。

短期的には相手は従うこともあるかもしれませんが、長期的には、必ずあなたはソンをしていきます。

そのため、怒りや涙ではなく、『言葉で』説明しようとすることです。

「その行動はつらかったから、次はこうしてくれないか?」
「あなたの行動が悲しかったから、今度はこうしてくれないかな?」

それが、成熟した人間の関係です。

何にせよ目的のレベルの違いはあっても、すべての人が、その人なりの目的に向かって生きています。

人間は後ろから押される弱い存在ではなく、前に進むため、目的のために生きているんです。

どうか覚えておいてくださいね。

今回のまとめ。 「アドラー心理学2 ~人の心は分かれていない」

○人間の心はたった一つ。「理性では分かっているのに感情は…」なんて存在しない。

 結局は「やりたい」という目的のために、やっているだけ。

○「相手のここがイヤ」というのは「嫌いになりたい」「別れたい」という

 心理の現れの可能性が高い。

○人間は前に進むために生きている。

次回はさらに掘り下げて、対人関係の話をしてみましょう。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

『★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★』第509回(2014年6月4日号)

著者/大和まや・ゆうきゆう(精神科医・心理研究家)
あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。
≪サンプルはこちら≫

まぐまぐニュース

ページ:
1 2 3

4

西部邁

まぐまぐニュース!

まぐまぐニュース!

投稿者プロフィール

有料メルマガも無料で読める。
2万誌のメルマガ記事から厳選したリッチでニッチなニュースをお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-3-14

    やくざ国家・中共に日本はどう対峙すべきか(その1)

     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  2. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  4. 酒鬼薔薇世代
    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る