サラリーマンエコノミストにご用心?~御用コメンテーターが日本を壊す~

1362

7~9月期GDPV字回復のはずが・・・?!

 2014年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値が、発表されました。年率換算で-1.6%。4~6月期の大幅なマイナスからV字回復するとの見方が強まっていた状況で、結局2期連続のGDPマイナス成長が発表され、衝撃が走ったワケですが、今回問題になったのは、2期連続のマイナス成長のほかにもう一つ、経済専門家の予測が実際のGDPの変動と非常に大きく乖離していたことです。

「こんなに狂うのか?!」

 2014年7~9月期の国内総生産(GDP)の-1.6%という数値をみて、エコノミストらの見立てが「こんなに狂うのか?!」との印象をもった人は少なくないのではないでしょうか?

 そもそも7~9月期のGDPを、エコノミストらは平均2%台のプラス成長を見込んでいました。日本経済研究センターが11月12日に発表した、民間エコノミスト42人の景気予測をまとめた「ESPフォーキャスト調査」(11月分)では、GDP成長率(実質年率)を平均で2.47%と予想していました。

 それも、10月調査の3.66%増から引き下げ。8月の予測では4.08%増と、4~6月期(7.1%減)からのV字回復を見込んでいましたが、その後は毎月のように下方修正しています。

エコノミストも所詮サラリーマン?

 エコノミストの予想があまりにも当たらないため、個人投資家などからは、エコノミストの予想を批判する声も上がっています。しかし、現実的にはエコノミストが、正確にGDPを予想するのは難しいでしょう。エコノミストといっても、独自に豊富なデータをもっていたり、特別な分析方法があったりするわけではありませんし、そもそも彼等の多くは証券会社や銀行など金融機関に属しており、当局に先んじて市場にインパクトを与える予想を出せる立場にはありません。結果として、エコノミストたちの予想は、その時点でのGDP水準の近傍に予測が集中する傾向にあります。

→ 次ページ「証券アナリストは消費税増税推進財務省の御用コメンテーター」を読む

ページ:

1

2 3

西部邁

関連記事

コメント

    • 獅子舞
    • 2014年 12月 25日

    2013年10月:倉山×水島・三橋
    2014年8月:倉山×田中
    2014年9月:倉山×野比怒羅江悶
    2014年12月:倉山×古谷

    さて、来年の倉山(世界に一人だけの牽制死家)は、誰と大喧嘩するのでしょうか。
    正直、見物です(爆)。

    • ※※シャイニングハーツ※※
    • 2014年 12月 29日

    >獅子舞様

    あなた様のその書き込みと当記事とは関連性がないように思えます。
    しかし、倉山と水島の喧嘩は、見物だったのは頷けますが。
    これからもこの両者が戦いあって潰しあってくれることを望んでいますよ。

  1. 2015年 1月 13日

  1. 2918

    2016-1-7

    世界一「同質的」な日本の大学生たち ~なぜ大学から多様性が消えたのか~

    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…

おすすめ記事

  1. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  2. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  3. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  4. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  5. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る